11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな記事がありました(^-^)
日本人の歯並びに対する意識が高まりつつあるということと、外国人から見る日本人の歯並びの見え方がわかりました。

日本人の歯並び悪い 日本在住外国人76%が感じる

 日本に住む外国人の76%が「日本人の歯並びが悪い」と感じている-。透明なマウスピースによる矯正歯科治療「インビザラインシステム」を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン(本社・東京都目黒区、福村敏夫社長)が「よい歯の日」の4月18日に合わせて行った調査によるもの。

 「日本に住む外国人100人に対するアンケート調査」および「日本・アメリカ・中国の一般男女600人(各国200人)への調査」を実施。

 在日外国人へのアンケートでは、日本人の歯並びの印象として、「歯並びが悪い」76%、「どちらでもない」20%、「歯並びが良い」4%と回答。

 コメントでは、「テレビに出ているタレントでも、ひどい歯並びの人が多く驚きました」(アメリカ30代男性)、「八重歯を可愛いと思う人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。先進国の中で日本はおそらく最低の歯並びです」(カナダ30代男性)、「出っ歯と八重歯の人が多いと思います」(中国30代女性)、「たくさんの歯科医院があるのに、日本人の歯並びが整っていないことに驚きました」(オーストラリア40代男性)、「歯並びだけでなく、簡単に補綴をし過ぎです」(メキシコ30代男性)など厳しい意見が目立った。

 歯並びと笑顔の魅力との関係については、「関係する」83%、「関係しない」10%、「どちらともいえない」7%と歯並びの重要性を意識している結果となっている。

 日本とアメリカ、中国の各200人へのアンケートでは、「歯並びが悪い人の治療率」では、アメリカ50%と約半数が治療するのに対して、中国23.8%、日本21.3%と中国と日本は8割弱が末治療となっている。

 一方、「歯並びは口腔内の健康に影響する」認識については、日本がトップで73.5%、アメリカ71.0%、中国70.0%。さらに「歯並びは身体全体の健康に影響する」認識は日本67.0%、アメリカ58.0%、中国57.0%と知識的には多くの人が分かっている現状が浮き彫りになっている。
 矯正治療に対して、「歯並びが良くなっていくのが、うれしい」というポジティブなイメージか「矯正装置による不自由で、つらい」というネガティブのイメージを持つかの問いで、日本では「つらい」63.0%、「うれしい」37.0%とネガティブの割合が高かった。米国と中国は反対に、「うれしい」が76.0%、63.5%、「つらい」24.0%、36.5%とポジティブな印象が多くを占めた。

 矯正治療の方法の認知度では、舌側矯正については日本25.5%、アメリカ56.5%、中国72%、透明マウスピースについては日本30.5%、アメリカ83.0%、中国78.5%、インビザラインについては日本9.0%、アメリカ80.5%、中国64.5%と日本での認知度の低さが目立った。

Secret

プロフィール

エール矯正歯科・こども歯科

Author:エール矯正歯科・こども歯科
静岡県藤枝市のエール矯正歯科・こども歯科です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。