09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年 2012 元旦

謹賀新年 2012 元旦


エール矯正歯科・こども歯科は2年目を迎えることができました!
昨年は開院1年目で不安なことも多々ありましたが、スタッフ、楽しみに通ってくれる患者さん、そして妻に支えられ良い年を送ることができました。大変感謝しております。
本年は、さらなる新しいエールを皆様に送れるよう努めてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

                                     八木橋 敬介

日本矯正歯科学会 in NAGOYA

皆様、10月18(火)、19(水)とお休みをいただきました。

名古屋で開催されました日本矯正歯科学会に参加しポスター発表をいたしました。
この学会は全国の矯正専門医が集まる最も大きな学会で、日々進歩している矯正治療技術、診断基準、
新たに開発された材料や機器など多く勉強できた時間でありました。
少しでも良いものを、エール矯正歯科・こども歯科に来院される患者さんに反映できるよう今後も精進いたします。
日本矯正学会2011-2
日本矯正学会2011

食事と時間と虫歯の関係


今日は虫歯の原因の要素でもある、“食事”と“時間”についてのお話しします。

虫歯は、食品に含まれる糖分を栄養にして、ミュータンス菌が酸を作り出すことにより、歯の表面が酸性(pH5.4以下)になり歯を溶かします。食事をするたびに歯の成分であるミネラルが溶け出す「脱灰」と、ミネラルが歯の中に戻って結晶化する「再石灰化」が繰り返されています。

子どもの場合、朝・昼・晩の3食の食事に加えておやつを食べる時間があります。
おやつは、3回の食事でとりきれない栄養をとる大切な食事の1つです。
しかし、そのおやつのとる時間を間違えてしまうと、虫歯のリスクが高くなってしまいます。

規則正しく食事をしている時 → 虫歯になりにくい
歯の脱灰1

唾液が歯を再石灰化する時間が確保され、酸性になり歯の溶ける時間も短くなります。

ダラダラ食事をおしている時 → 虫歯になりやすい
歯の脱灰2

食事の回数が増えることによりお口の中が酸性になる時間が長く、唾液による歯の再石灰化する時間が確保されません。

ポイント
① 食事は規則正しく決まった時間にとるようにする。
② 食後のはみがき、できない時はうがいをする。
☆これらを習慣付けていくことが大切です!!



保育士募集のお知らせ

こんにちは

院長の八木橋です。

夏からいっきに秋を飛び越し寒くなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、ただ今ともにチームメンバーとして働いてくれる保育士(常勤)

を募集しております。歯科院で保育士といっても託児のお手伝いではありません。

当医院は来院される患者の平均年齢は3~6歳と低く、まだ治療のできない子、

恐怖心の強い子ばかりです。お口の健康を守るための理解と、

歯科医院での時間が楽しい時間になるための

お手伝いをお子様にしてあげてほしいのです。


ホームページのアンケートと履歴書をA4でダウンロードし記入の上、

エール矯正歯科・こども歯科宛てに

郵送ください。書類審査後、必ずご連絡いたします。


久しぶりのブログ更新です

今回は


第4回糖質の中で虫歯になりにくい「糖アルコール」
についてお話します。
虫歯になりにくい → 歯を溶かす酸をつくらない
と言うことは前回のお話で理解していただけたと思います。

では、糖アルコールにはどんな種類があるのでしょうか?
代表的なものに、キシリトール、ソルビトール、マルチトール、還元麦芽糖水飴、還元パラチノースがあります。中でもキシリトールは、ガムや歯磨き粉など身近なものに含まれているので、よく知っていると思います。

あめやガム・グミなどが好きなお子さんには、食品に表記されている原材料名に糖アルコールが含まれているものを選ぶようにすることで、虫歯になるリスクを減らすことができます。
お菓子を選ぶ際に原材料名を見てください。糖アルコールには語尾が「-ル」となっているので覚えやすいと思います。

キシ


 キシリトールの特徴
カロリー:キシリトール < 砂糖 となります。キシリトールが体内に吸収されにくい糖であるため。
甘さ:キシリトール = 砂糖
・甘味料の中には、砂糖よりも高甘味度をもつものもあり、糖類含有量を減らすことにより、カロリーを抑えることができる。

補足
食品添加物の甘味料は、虫歯になりにくい糖という良い点もありますが、砂糖とは違い微量でも甘さを感じるという特徴もあります。虫歯になりにくいからといって、たくさん与えすぎると、食欲低下や味覚の発達の妨げになる可能性があるので与えすぎは注意しましょう。

プロフィール

エール矯正歯科・こども歯科

Author:エール矯正歯科・こども歯科
静岡県藤枝市のエール矯正歯科・こども歯科です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。